2012年05月20日

【偶然の科学】ダンカン・ワッツ




1 常識という神話
2 考えるということを考える
3 群衆の知恵(と狂気)
4 特別な人々
5 気まぐれな教師としての歴史
6 予測という夢
7 よく練られた計画
8 万物の尺度
9 公正と正義
10 人間の正しい研究課題

最近は「○○の科学」と題する本が目につく。
「選択の科学」しかり、 「錯覚の科学」しかり、である。
まだ読んでいないが、「お金の科学」という本もある。
それなりに肩書きをもった人が書いていて、面白い内容が多い。
この本の著者もコロンビア大学の社会学部教授である。

本の謳い文句に、「この世界は私たちの直感や常識が示すようには回っていない。人間の思考プロセスにとって最大の盲点である『偶然』の仕組みを知れば、より賢い意思決定が可能になる」とある。
ここに邦題の理由がある。

「人間に未来予測はできない。リアルタイムで偶然に対処せよ」ともあるが、ここではいかに偶然が物事を左右するか、が説明される。
「モナリザ」は世界一の名画とされるが、レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた当初からそう評価されてきたわけではない。
むしろそれ以外にも有名な絵はあり、それどころか「モナリザ」が有名になったのは20世紀に入ってから、一件の盗難事件をきっかけにしたものだという。

「モナリザ」は他の絵画にはない何か特別な要因を持っているわけでもなく、それは爆発的に人気を博した「ハリー・ポッター」シリーズやフェイスブックにも当てはまる。
大きな事故が起これば、その原因追究が徹底してなされるが、その同じ原因が同じように起こったとしても、同じような事故が起こるとは限らない。
過去と未来とはまったくの別物で、過去に有効であった常識を未来に当てはめようと思っても無理がある。

まさに 「ブラック・スワン」の世界であるが、結局のところ未来予測などサイコロを振る確立と大して違わない。
そんな理屈をきっちりと検証して解説してくれるところは、さすが教授なのだろう。
しっかり読みこんでついていかないと、何が言いたいのかわからなくなるところがあるが、しっかり頭を働かせて読みたい人には面白い本かもしれない。

まあたまにはこういう本と正面から格闘してみるのも、いい頭の体操になると思う。

     
posted by HH at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス/理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

【采配】落合博満



第1章 「自分で育つ人」になる
第2章 勝つと言うこと
第3章 どうやって才能を育て、伸ばすのか
第4章 本物のリーダーとは
第5章 常勝チームの作り方
第6章 次世代リーダーの見つけ方、育て方

昨年まで中日ドラゴンズの監督を8年務め、その間4回の優勝を成し遂げた落合監督の本である。
現役時代から個性的であったし、監督になってからも実績は凄いし、川上元巨人軍監督が「監督として日本一の人材」と評する人物なだけに、その著作はやっぱり読んでみたくなる。
その昔、「勝負の方程式」を読み、最近 「コーチング」を読んだが、これが3冊目である。

第1章はタイトルにある通り、個人としての心得。
「孤独に勝たなければ、勝負に勝てない」
孤独とは単に一人でいる事とは違う。
己しか頼るもののない中で、頑張らねばならぬ事。
野球だけに当てはまるものではなく、一般向けにも語ってくれている。

「嫌われている」「相性が合わない」は逃げ道
「不安もなく生きていたり、絶対的な自信を持っている人間などいない」
「自分、相手、数字」3つの敵との戦い
「達成不可能に思える目標」こそ数字に勝つ唯一の方法
「一流には自力でなれるが、超一流には協力者が必要」
やはり個人としても一流の成績を残しているだけに、それぞれ説得力のある言葉だ。

監督としての考え方が現れているのが、「負けない努力が勝ちにつながる」という部分。
長距離バッターとして活躍したにも関わらず、試合は「1点を守り抜くか、相手を0点にすれば負けない」とい考える。
ドラゴンズは投手力を中心とした守りの安定感で勝利を目指す戦い方をしてきたと言うが、なるほど説得力のある説明。
「負けない努力が勝ちにつながる」
野球以外にも広く当てはまると思う。
「ただひたすら勝利を目指すプロセスが人生」

監督としての言葉も見逃せない。
ミスは叱らない、だが手抜きは叱る。
欠点は直すより武器にする。
重要なのは自信をつけさせ、それを確信に変えてやること。
自由と好き勝手は違う。
契約はドライに、引き際はきれいに。

野村監督の本と比べても、書かれている数々の考え方は勝るとも劣らない。
さすがと感心、納得する。
物足りないのは、実際の経験談かもしれない。
話題となった2007年の日本シリーズで、8回までパーフェクトピッチングをしていた山井投手を最終回に代えた采配。
非情の采配と言われたが、その時の舞台裏のエピソードは面白かったが、それ以外にはあまり本人の裏話は登場しない。
中日の選手については次々と書かれているが、あまり自慢気のないところがこの人の良さであり、物足りなさなのかもしれない。

まだまだこれで終わる人ではないと思うが、野村監督のようにたくさん本を書いて欲しいし、またどこかのチームに監督として復帰してほしいと思わずにはいられない人である・・・


   
posted by HH at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

【われ日本海の橋とならん】加藤嘉一




第1章 中国をめぐる7つの疑問
第2章 僕が中国を選んだ理由
第3章 日中関係をよくするために知ってほしいこと
第4章 中国の民意はクラウドと公園にある
第5章 ポスト「2011」時代の日本人へ

著者は現在中国で北京大学研究員や英フィナンシャルタイムズ中国語版コラムニスト、香港フェニックステレビコメンテーターなどの肩書きで活躍している若者。
日中の間で、自分がどういう存在でありたいのか、タイトルによく表されている本である。

この本の見所は大きく分けて二つ。
著者自身の魅力と知られざる中国の素顔である。

著者は、もともと人と変わったところがあったらしいが、窮屈な日本よりも国連で働きたいと決意。
それには英語と考えて勉強を始める。
語学に金をかけない主義だとかで、語学学校などへは行かず、辞書を隅々まで読み、図書館で英字新聞を読み、自転車通学の途上での一人英会話を毎日続ける。
それだけて翻訳アルバイトで月10万円稼げるようになったと言う。

さらに中国への国費留学のチャンスをつかみ、中国に渡ったあとは売店のおばちゃんや警備員相手に世間話を8時間。
そして人民日報全ページを音読しながら読破する事を毎日続け、半年で中国人と間違われるレベルに達したという。
このすさまじさは半端ではない。

そうした語学力を背景に北京でのキャンパスライフをスタート。
生で接した中国の素顔は、なかなか新聞などのイメージとは異なるもの。
中国は共産党の一党独裁で自由がないと言われるが、実際には天安門事件のようなタブーに触れなければかなり自由だという。
むしろ出る杭は打たれ、KYなどと言われる我が国の方が、よほど自由ではないと言えるらしい。

中国共産党も7,800万人というイギリスやフランスの人口を越える党員を有し、様々な主張があるのだという。
その中で主張を通していくには、世論を背景とした正当性が求められ、みんなが右向け右で一つの方向だけに行くわけではないのだと言う。
言ってみれば、党の中で民主化の仕組みが出来ていると言えるのかもしれない。

さらには中国人独自の面子の考え方。
それは外交から道行く人たちまでに浸透している考え方だという。
面子経済学という言葉があるらしいが、こうした「面子を立てそれを返す」という文化は、中国を理解する上では欠かせないだろう。
また著者が独自に観察し、「暇人」と名付けた人たちの存在も面白い。

マスコミの報道だけでは、いつまでも中国を誤解したままで終わってしまいそうである。
真の相互理解には相手を知る事が必要であるが、この本はその役に立つ。
胡錦濤国家主席とも個人的に交流を持つという著者。
まだ若いが大した人物だ。
この本を読めば努力に裏打ちされたその理由もよくわかる。
自分の成長のために刺激を受けたい人、知られざる中国人について知りたい人には必読と言える一冊である。
    
     
posted by HH at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス/自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

【自分で奇跡を起こす方法】井上裕之




第1章 人生を変えた瞬間
第2章 奇跡の瞬間
第3章 引き寄せる瞬間
第4章 成長する瞬間

著者は北海道在住の歯科医。
医師としてもかなり有名な方のようであるが、それとあわせて経営学博士、セラピストとしてもご活躍のようである。
そんな著者が自身の体験をベースに、メッセージを綴った一冊である。

初めに語られる経験が何とも言えない。
自動車事故で、同乗していた奥様が大怪我。
良くても植物状態と医者に宣言される。
医院を経営しながら往復8時間かかる遠方の病院に通う生活。

もともと勉強熱心な方のようで、それまでにも東京へ勉強に行っていたらしいが、病院への往復の時間を使っての勉強もしたという。
そうした部分は素直に見習わないといけない。
やがて、奥様は奇跡的な回復を遂げていく。

そうした奇跡はただやってきたのではないと言う。
『本気』には自分が望んでいるものを引き寄せる力があると言う。
奥様の回復は、医師や看護師などの病院スタッフの力だが、それらの人たちが本気で動いてくれたのは、家族が本気で治ると信じていたからだという。
自分の患者でも、本気の人に対しては、どんな事でもしてあげたくなるのだと。
確かにそうなのかもしれない。

大切な人と会う時は、服装も含めてコンディションを整える。
相手に自分のエネルギーを伝える事によって運を引き寄せる。
運を掴むには自分のエネルギーがすごく大切。
運を引き寄せる事については、いろいろな本にも書かれていたり、人生は心のあり方が大切などという事も同様。

真理というものはそう沢山あるものではなく、同じような事になっていくのは仕方ない事かもしれない。
実際の講演などは感動的だったりするらしいのだが、この本だけだとちょっと力不足。
この本が役に立たないというわけではなく、それなりに自分もいろいろ学んでいるのだと解釈いたしたい。

薄い本だし、若い人がさらっと考え方を学ぶには良いかもしれない本である・・・
   
   
posted by HH at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス/自説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

【謎解きはディナーのあとで】東川篤哉



第1話 殺人現場では靴をお脱ぎ下さい
第2話 殺しのワインはいかがでしょう
第3話 綺麗な薔薇には殺意がございます
第4話 花嫁は密室の中でございます
第5話 二股にはお気をつけください
第6話 死者からの伝言をどうぞ

小学校6年の娘が面白いと夢中になって読んでいたのを、ちょっと借りて読んでみた本。
最近ドラマ化もされている。
本屋の店頭では山積みになっているのをよく見かけたし、地元の図書館では予約数1を誇っている。
そういう本は取りあえず読んでみる主義である。

登場人物は、国立署の警察官である宝生麗子と、彼の上司風祭警部。
風祭警部は中堅自動車メーカーである風祭モータースの御曹司で、事件現場には愛車のシルバーメタリックのジャガーで駆けつける。
一応エリートなのだが、とんちんかんな言動で、部下の宝生麗子を煩わせている。
その宝生麗子は知る人ぞ知る宝生グループの令嬢で、なぜか刑事などをやっている。
言ってみれば、「こち亀」の中川圭一と秋本麗子のようなものであると言えるかもしれないが、お金持ちと御曹司とご令嬢というコンビはネタにしやすいもかもしれない。

さて、ご令嬢には執事兼運転手がついている。
この男影山が、実は物語の重要なプレーヤー。
仕事で家に帰った宝生麗子が、その日の事件について影山に語って聞かせる。
するとそれだけで、影山はスラスラと事件の真相を推理していく。
事件はそれで解決する、というのがこの物語の大筋のストーリーである。

毎回の影山と宝生麗子のやり取り。
雇い主のご令嬢を小バカにした言動が、子供たちにウケル要素かもしれない。
そして、それ以上にとんちんかんな風祭警部の存在が、コメディタッチで加わっていく。
推理自体は至極単純で、とても東野圭吾あたりのミステリーには太刀打ちできるものではない。
しかしながら、読んでいくうちに、これはこれで心地良さのようなものを感じてくる。

各章のタイトルの語調は、執事兼運転手の影山を意識しているものだろう。
影山の推理にも突っ込み所はあるのだが、それで良いのだという有無を言わせぬ雰囲気は、この語調にあるとも言える。
娘はすでに2巻に手をつけている。
付き合って読んでみるのも悪くないかもなと、思わせられる一冊である。

     
posted by HH at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

【頭のいい人が儲からない理由】坂本桂一



第1章 動きを止めたら死ぬだけだ
第2章 常識はビジネスの敵だ
第3章 正しい戦略のみが勝つ
第4章 儲けのメカニズムを見つけよ
第5章 勉強ができる人は起業できない
第6章 トップとリーダーは資質が違う

著者はもともと経営者。
その実績を買われていろいろと役員を歴任し、現在は経営者でもあり山形大学の客員教授でもある人物。
そんな人物が、成功する考え方を語った一冊。

「頭がいい人が儲からない」と何とも逆説的・挑戦的な言葉が使われているが、言い得て妙でよく内容を表している。
頭の良い人間は、常識人だ。
よく常識に秀でている。
しかし成功するにはその常識が時として邪魔になる。
大雑把に言ってそんな内容だ。

冒頭で、起業して成功するには「焼き鳥屋がいいかラーメン屋がいいか」という話となる。
実はどちらがいいかは問題ではなく、どうやるかが問題だと著者は説く。
しかし、大抵の人はどちらがいいかで悩む。
なるほどと唸らせてくれるし、冒頭の掴みとしてはいい感じだ。

そこから過去の体験談、成功談が語られる。
どれもなるほどと膝を打ちたくなるストーリーだ。
この方タダモノではないと思わせられる。
確かにそうすれば成功するだろうし、簡単なのだがなかなか思いつかない。

優れたアイディアばかりでなく、売りたかったら毎日毎日顧客のところに行って顔を出せ、なんて根性論的な話もある。
「閾値を越えるまで続けよ」という話なのであるが、物事を徹底してやるというのはそういう事なのだろう。
頭のいい人にはできない事だろう。

「常識はビジネスの敵だ」とはっきり言い切る。
「まじめで勤勉だと成功が遠ざかる」
「人脈なんか必要ない」
「新聞を読むのはムダ」
なるほど、常識に反旗を翻している。

何よりも自分自身の体験談が面白い。
頭を使えばここまで面白くビジネスできるのだなと思わせられる。
それは何も経営している会社だけでなく、アルバイトの仕事ですら、である。
そんな体験談も踏まえてだからこそ、書かれている事にも説得力がある。
考える事ってやはり大事なのである。

若い頃にこういう本を読んでおくのもいいかもしれない。
自分の仕事に一工夫してみたくなる本である。
    
   
posted by HH at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス/自説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする