2015年08月02日

【億男】川村元気 読書日記570



男の世界
十九の金
和子の愛
瀬の賭
住の罪
佐子の欲
男の未来

著者は、どうやら『電車男』や『告白』、『悪人』などを手掛けた映画製作者らしい。そんな方による小説。ちょっと評判が良かったので、手に取った一冊である。

主人公は、一男というごく普通の男。
妻万佐子と一人娘のまどかがいる。
しかし弟の借金を肩代わりしたことから、夫婦関係に亀裂が入り、今は別居中。
図書館とパンの製造工場と二つの仕事を掛け持ちし、早く借金を返して再び家族一緒に暮らすことを夢見ている。

そんなある日、幸運なことに景品としてもらった宝クジがなんと当選。3億円のお金を手にする。3,000万円の借金を返済し、これで元の生活に戻れると喜ぶ一男。
しかし、宝クジの当選後、不幸に落ちる人々の例を知り、一男は「お金と幸せの答え」を求めて学生時代の親友九十九を訪ねていく。

九十九は一男の学生時代の親友。
ともに落語研究会に属し、大学時代は毎日一緒にいた仲。
そして卒業旅行の時、「お金と幸せの答えを探してくる」という言葉を残し、九十九は一男と袂を分かっていた。しかし、あろうことか、九十九は一男の3億円を持ったまま姿を消してしまう・・・

こうして一男は、消えた九十九と3億円を求め、九十九の友人十和子、百瀬、千住を訪ねていく。そしてお金と幸せの答えを同時に探していくというのが、ストーリー。
「お金で幸せは買えない」とはよく言われるが、さりとてなければ一男のように不幸な境遇に陥ることにもなる。安易な一言では片付けられない問題である。

物語ゆえに多少の強調はやむなきこと。
一男は九十九を探しつつ、お金持ちたちの姿を通して何かを学んでいく。
しかし読み手が一男とともにそれを学べたかと言えば、どうだろう。
学べた人もいるかもしれないが、私的にはイマイチだったというのが、正直なところ。
よく言うなら、既にそれだけ十分学んでいると言えるのかもしれないが、結末的にはちょっと期待外れであった。

落語で使われる「芝浜」。
話は知っていたが、この本で読むと改めて聞きたくなってしまった。
お金の重要性、わかってはいるけど、あまりにも想定内で終わってしまった感がある。
前評判の割には、ちょっと期待レベルに届かなかった一冊である・・・

    


posted by HH at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする