2017年08月05日

【宝くじで1億円当たった人の末路】鈴木信行



第1章 やらかした人の末路
第2章 孤独な人の末路
第3章 逃げた人の末路
第4章 変わった人の末路
第5章 怠惰な人の末路
第6章 時代遅れな企業の末路
第7章 仕事人間の末路

「看板に偽りあり」というのは、得てして存在するものであるが、本の世界では記憶にある限りこれほどのものはあっただろうかという酷いもの。タイトルと内容とが全くマッチしない、そういう意味ではお粗末なのではあるが、それでもタイトルに目を瞑れば、なんとか読むに耐えるという一冊。

普通、こういうタイトルを見たら、「宝くじで1億円当たったが、大金に我を忘れて悲惨な末路を迎えた人たちのリポート」というイメージを持つだろう。取材に基づいた様々な人たちが登場し、そういう人たちの末路を見ながら、「当たらなくてよかった」とか「自分はそうならないぞ」とか思ったりするものだろう。ところが、さにあらず。冒頭から見事裏切ってくれる。

「第1章やらかした人の末路」と称し、冒頭から「宝くじで1億円当たった人の末路」が出てくる。ところが登場するのは、「マネーの専門家」と称する方で、この方が「一家離散、貧困化、人生の目的喪失などにならないようにするにはどうしたら良いか」を語っておしまい。
「はぁ???」と思わず本を落としそうになる。そんなことならわざわざ専門家に聞かなくても、ちょっと考えればわかるだろうというもの。そんなものを期待したのではない。

そして「事故物件を借りちゃった人の末路」だとか「キラキラネームの人の末路」とか、題は面白そうなのだが、いずれも専門家が出てきてありきたりのない説明をして終わりというパターンが続く。実在の人物など1人も出てこない。さらに、「友達ゼロの人の末路」では「心配いらない、友達は無理に作るものではない」と結ばれて終わったり、「子供を作らなかった人の末路」では、「子供がいない幸せを楽しめば良い」と誰が答えても答えられるような内容に終始。途中で何度も読むのをやめようと思うほど酷い内容。

それでも、ついでだからもっと粗探ししようと思って読んでいくと、柔軟法の真向法協会とか、武蔵小山商店街のクリーニング店「クリンハウス」とか、ちょっと知って良かったかもという例があって、それが唯一の収穫といえば収穫である(もちろん、それらが何で「末路」なのかはよくわからない)。あとは論ずるに値しない。

「末路」とは、「なれの果て」というマイナスのイメージがある。その言葉をキーワードとして使うのなら、そういう内容にするべきであろう。ただただ、無理やり「末路」にこじつけているだけで、お粗末の一言である。先のイメージでこの本を買った人は、詐欺だと思うだろう。
読むなとは言わないが、「看板に偽りあり」ということを理解した上で、さらに得るものは少ないと覚悟してから読むべき一冊である・・・


posted by HH at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

【「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン】松浦弥太郎



CHAPTER 1 ようこそ!「心で考える」へ
CHAPTER 2 「心を動かす」のは、仕事のきほん
CHAPTER 3 「心をつかう」のは、くらしのきほん
CHAPTER 4 「心」と「頭」のバランスのとり方

著者は、「くらしのきほん」主宰でエッセイスト。元は「暮らしの手帖」の編集長を務めていた方だという。そんな方が、我々に肩の力を抜いて生きることを語った一冊。

タイトルにある「自分らしさ」であるが、著者はその考え方が既に「美しい呪縛みたいなもので、必要以上に人を力ませる」と説く。それゆえに、「何かを始めたいなら、『自分らしさ』など捨てた方がいい」というのが著者のこの本における主張である。

「自分らしさを捨てる」ことのほかに、著者がこの本でもう1つ強調しているのが、「心で考える」こと。これを頭で考えることとは区別している。
・心には限界がなく、心で考えれば自分の枠を超えられる
・(年齢に関係なく)これから何かやりたいなら、心で考えるスイッチを入れる
・正しい道を選びたいなら、意図的に「心で考えて」意思決定をする
・3つのエンジン「感受性」「想像力」「愛情」で心は働く
等々、「心で考える」ことを説く。

「自分らしさ」については、これを捨てろと著者は説く。それが「自分らしさはいらない」の意味。「自分らしさ」を捨てれば、心が解放されて伸びやかに心で考えられるようになる。「自分らしさ」を捨てると時代とともに変化できる。自分自身に執着しないということなのだろう。「自分の意見を変えることは勇気がいるが、自分をアップデートする近道」という言葉に思わず考えさせられる。

・心の働かせ方を学ぶ最良の道は人とのコミュニケーション
・人は「心で考えてつくられたもの」に時間とお金を使う
・最高のマーケティングとは、自分に関係ないものは何もないという意識で日々を過ごすこと
・心で考え、最高と最悪の結末を想定しておけば、失敗しても心が折れずにいられる
これらは、仕事でのヒントになる。

幸せを感じたいなら次の4つを目指すべきとする。
1. 役に立つこと
2. 褒められること
3. 必要とされること
4. 愛されること
まさにその通りだと思う。

力を抜いて読むといいことが次々と書かれている。まさに「自分らしさ」を捨てて読むということだろうかと思ってもみる。ビジネスでも日常生活でも、周囲と対立することなく、柔らかく生きていくことができそうなヒントの数々である。著者の人柄もなんとなく伝わってくる。

自分にとっては、「自分らしさはいらない」というところよりも、「くらしと仕事、成功のレッスン」というサブタイトルの方がしっくりきた一冊である・・・



posted by HH at 00:00| Comment(0) | 人生・哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

【GRIT−平凡でも一流になれる「やり抜く力」−】リンダ・キャプラン・セイラー/ロビン・コヴァル



原題: Grit to Great
How Perseverance, Passion, and Pluck Take You from Ordinary to Extraordinary

第1章 なぜ「グリット」が必要なのか
第2章 「才能」という神話
第3章 夢を捨て去れ
第4章 安全ネットなしで
第5章 ウェイトトレーニング=待つトレーニング
第6章 竹のようにしなやかに
第7章 期限は無限
第8章 グリットは善をめざす

つい最近、『やり抜く力−人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける−』という本を読んだが、この本はまた別の「グリット」本。前書が「グリット」研究の第一人者である研究者の手によるものであったが、この本はキャプラン・セイラーグループという広告代理店の創業者2人によるもの。同じような本を読むのはどうかと思ったが、この著者の2人は、かつて読んだ『ナイスの法則』の共同著者と知って俄然読んでみる気になったというもの。

さて、その肝心の中身であるが、「グリットとは、人生で成功を収めるために必要なもの」という定義はだいたい同じ。それは全盛期にもてはやされた言葉であり、それが今復活しているのは、我々が軟弱になっているからと指摘する。そう言えば、我が国でも「為せば成る」という言葉があるが、真理というものはいつの世も同じなのかもしれない。

そんなGRITの4つの要素は、
1. 度胸:Guts
2. 復元力:Resilience
3. 自発心:Initiative
4. 執念:Tenancity
だとする。そしてその利点は、「自分でコントロールできる」ことだという。

そうした定義的なところはともかくとして、それに続くのは具体例。そのあたり『やり抜く力−人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける−』とはちょっとテイストが異なる。この具体的な事例があるおかげで、グリットの実像がわかって来る。

発達障害が残る可能性が指摘されて生まれた女の子の母は、その子の忍耐と粘り強さを讃え、修士号を取得するまでに至らしめる。
ウェンディーズの創業者デイブ・トーマスは悲惨な幼年時代を送ったにもかかわらずウェンデーズの成功を獲得した。

ジェイムズ・パターソンは、諦めずに作品を書き続け、ベストセラー「スパイダー」を書き上げる。
マリン・オールソップは、男性の世界であったオーケストラの世界に果敢に挑戦し、初の女性指揮者となる。
チェスのファビアーノ・カルアーナ、グランドキャニオンで綱渡りに挑戦したニック・ワレンダ。そうした人々の具体例は読み物としても面白い。

・思い切って跳ぶ
・情熱を忍耐に変える
・小さな勝利を祝福する
・前向きに失敗する
グリッドに年齢は関係なく、逆に「歳相応に振る舞う(自分は歳だからと言い訳する)」ことを戒める。

『やり抜く力−人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける−』の著者アンジェラ・ダックワースにも言及していて、これはこれでグリットの具体例を学べるようになっている(でも結局は【為せば成る】なのである)。同じグリット本でもテイストが異なり、重複感は感じられない。これはこれで受け入れたいところ。

とどのつまり、古から大事な真理はそう変わらないものだと言える。そうであるなら、自分もその力を発揮しなければと思う。自分もかくありたいと思わされる一冊である・・・



posted by HH at 00:00| Comment(0) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする