2017年08月02日

【GRIT−平凡でも一流になれる「やり抜く力」−】リンダ・キャプラン・セイラー/ロビン・コヴァル



原題: Grit to Great
How Perseverance, Passion, and Pluck Take You from Ordinary to Extraordinary

第1章 なぜ「グリット」が必要なのか
第2章 「才能」という神話
第3章 夢を捨て去れ
第4章 安全ネットなしで
第5章 ウェイトトレーニング=待つトレーニング
第6章 竹のようにしなやかに
第7章 期限は無限
第8章 グリットは善をめざす

つい最近、『やり抜く力−人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける−』という本を読んだが、この本はまた別の「グリット」本。前書が「グリット」研究の第一人者である研究者の手によるものであったが、この本はキャプラン・セイラーグループという広告代理店の創業者2人によるもの。同じような本を読むのはどうかと思ったが、この著者の2人は、かつて読んだ『ナイスの法則』の共同著者と知って俄然読んでみる気になったというもの。

さて、その肝心の中身であるが、「グリットとは、人生で成功を収めるために必要なもの」という定義はだいたい同じ。それは全盛期にもてはやされた言葉であり、それが今復活しているのは、我々が軟弱になっているからと指摘する。そう言えば、我が国でも「為せば成る」という言葉があるが、真理というものはいつの世も同じなのかもしれない。

そんなGRITの4つの要素は、
1. 度胸:Guts
2. 復元力:Resilience
3. 自発心:Initiative
4. 執念:Tenancity
だとする。そしてその利点は、「自分でコントロールできる」ことだという。

そうした定義的なところはともかくとして、それに続くのは具体例。そのあたり『やり抜く力−人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける−』とはちょっとテイストが異なる。この具体的な事例があるおかげで、グリットの実像がわかって来る。

発達障害が残る可能性が指摘されて生まれた女の子の母は、その子の忍耐と粘り強さを讃え、修士号を取得するまでに至らしめる。
ウェンディーズの創業者デイブ・トーマスは悲惨な幼年時代を送ったにもかかわらずウェンデーズの成功を獲得した。

ジェイムズ・パターソンは、諦めずに作品を書き続け、ベストセラー「スパイダー」を書き上げる。
マリン・オールソップは、男性の世界であったオーケストラの世界に果敢に挑戦し、初の女性指揮者となる。
チェスのファビアーノ・カルアーナ、グランドキャニオンで綱渡りに挑戦したニック・ワレンダ。そうした人々の具体例は読み物としても面白い。

・思い切って跳ぶ
・情熱を忍耐に変える
・小さな勝利を祝福する
・前向きに失敗する
グリッドに年齢は関係なく、逆に「歳相応に振る舞う(自分は歳だからと言い訳する)」ことを戒める。

『やり抜く力−人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける−』の著者アンジェラ・ダックワースにも言及していて、これはこれでグリットの具体例を学べるようになっている(でも結局は【為せば成る】なのである)。同じグリット本でもテイストが異なり、重複感は感じられない。これはこれで受け入れたいところ。

とどのつまり、古から大事な真理はそう変わらないものだと言える。そうであるなら、自分もその力を発揮しなければと思う。自分もかくありたいと思わされる一冊である・・・



posted by HH at 00:00| Comment(0) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする