2020年07月10日

【スマホ×PC仕事術−時短成功!効率200%UP!どこにいても仕事はできる!−】目代 純平 読書日記1169



《目次》
第1章 基本編
第2章 スケジュール・メモ編
第3章 仕事効率化編
第4章 情報収集・学習編
第5章 日常生活編
第6章 プレゼンテーション編
第7章 リスクマネジメント編

 最近は、スマホもすっかり世の中に定着している。私自身も、ビジネスにプライベートにとスマホを活用している。しかし、持っていれば安心、使っていれば安心というわけではない。世の中は日進月歩。新しいテクノロジー、新しいアプリが出てきている。それらの動きにもしっかりついていきたい。そんなところに見つけた一冊。迷わず手にした次第である。

 ビジネスマンは忙しい。時間も効率的に使いたい。ノートを取り出しにくい電車内などでできることも種々ある。言われなくてもメールチェックぐらいは私もやっている。便利ではあっても、入力となるとやはりキーボードが必須だとする。タブレットからPC支給に戻る会社も増えているというが、このあたりは私も自分の感覚に自信を持っていいところだと納得。チームメンバーとの情報を共有するには、iCloud、Google Drive、OneDrive、Dropboxなどがある。私は個人でしか使っていないが、チームで使うにも良さそうである。

 個人のスケジュール管理はTime TreeやGoogleカレンダーを活用するとあるが、Googleカレンダーは我が社でも共有している。Gmailに届いたメールは内容をAIが読み取ってカレンダーに登録してくれるのだとか。これは知らなかったが、便利そうである。著者は意外なことに、アナログ(紙)の手帳を使っているという。私もいまだに手放せなくていたが、それはそれで意義はあるとする。自信を持って良さそうである。

 著者は、思いついたアイディアはその場で自分宛にメールするというが、メモ機能も便利である。必要なものはとりあえずスマホで写真に撮っておくことについては、私も実践している。スマホをスキャナー代わりにできるGoogle Keepは早速ダウンロードした。外出先でコンビニのコピー機をプリンター代わりに使うというのは知らなかったアイディアである。また、Googleタイムラインが訪れた場所を全て記録しているというのも、知らなかったこと。このあたりは便利である。

 新しいノウハウというよりも、知らなかったアプリの利用方法を知ることができるという点で、いろいろと興味深いところである。特にチェックしたのは、
・オーディオブックで本を聴く
・語学や資格のeラーニングに活用
・買いたいものはとりあえず「ショッピングカート」に入れておく
・古い写真もスマホできれいにスキャン・保存できる
・クラウドに無限に写真を保存する(Google フォトやAmazonフォト)
・「パラレリズム」に気をつけて作成すればこんなに違う!
というところであろうか。いくつかのアプリは早速インストールした。

 人によって刺さる部分も違うかと思うが、最新のアプリやノウハウをチェックするという点では、意義ある一冊である・・・






posted by HH at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: