2010年03月06日

【再生】石田衣良 読書日記47


再生

再生

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/04/23
  • メディア: 単行本




再生
ガラスの目
流れる
東京地理試験
ミツバチの羽音
ツルバラの門
仕事始め
四月の送別会
海に立つ人
銀のデート
火を熾(おこ)す
出発

石田衣良は近年薦められて知った作家である。
例えて言うと「サイダーのような小説を書く作家」というイメージがある。
透明なのだが、飲むと手応えがある・・・

そんな石田衣良の短編集。
「再生」というタイトルにあるように、納められている12の短編はすべて、「再生」の物語である。
幼い子を残して妻が自殺してしまった男。
二人きりの生活もそろそろ限界を感じている。
そんな彼の元に妻の友人がメッセージを持ってくる・・・

障害を持った子供を抱えた妻を残して家を飛び出してしまった男。
同棲相手に突然別れを告げられた女。
定年退職したが、手持ち無沙汰にタクシー運転手に応募した男。
派遣社員に障害児の母。
街中で会ってもみんな人混みに紛れて目立たないような人々たち。
みんなどこかに何かうまくいかない事を抱えている。

そんな人々が最後に小さな幸せを掴むストーリーの数々。
ハッピーエンドというほど大げさなものではない。
感動の涙が溢れるというほどではない。
ただほんのりと暖かい気持ちが、最後に残る。
まさに「再生」なのである。

一流企業に勤めている父と、父の期待に反して派遣社員になった息子。
最後にしっかりとした絆が生まれた「出発」が個人的には一番気に入った。
自分のお気に入りを探してみるのも面白いかもしれない一冊である・・・




posted by HH at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説(短編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「再生」石田衣良
Excerpt: 喪失からの再出発を描いた短編集。 私には物足りなかった。    【送料無料】再生 [ 石田衣良 ]価格:580円(税込、送料込) 「再生」 鬱病だった妻は夫と幼い息子を残し自殺した。 妻の友人、果歩..
Weblog: りゅうちゃん別館
Tracked: 2013-02-09 20:28