2013年02月17日

【ヒア・カムズ・ザ・サン】有川浩



ヒア・カムズ・ザ・サン
ヒア・カムズ・ザ・サンParallel

タイトルを見て真っ先に連想したのは、ビートルズの歌である。
ビートルズの歌をタイトルにするというと、 伊坂幸太郎の「ゴールデン・スランバー」や村上春樹の「ノルウェイの森」などがあるが、この本のタイトルもたぶん、(意味はないのだろうが)ビートルズの曲から取られているのだろう。

この本の物語はちょっと変わっている。
主人公は出版社で編集の仕事をしている真也30歳。
真也には不思議な力があり、物や場所に残された人の記憶が見えるのである。
そして同僚のカオル。
アメリカからカオルの父が20年振りに帰国する。
この同じ前提条件で、内容の異なる2つの話が納められている。
言ってみればパラレル・ワールドストーリーである。

最初の「ヒア・カムズ・ザ・サン」では、カオルの父はアメリカでHALの名前で成功したライター。
もともと日本のテレビドラマの脚本家として活躍していたが、プロデューサーと方向性を巡って対立。
妻子と別れ、アメリカに渡ったという経緯がある。

真也の所属する雑誌『ポラリス』では、大物脚本家へのインタヴューと20年振りとなる家族との対面を雑誌に載せようと、色めき立つ。
ぎこちない親子の対面の席で、真也はHALが落としたカオルへの手紙を偶然拾う。
その瞬間、その手紙に残された“カオルの父”の想いが真也に流れ込んでくる・・・

次の「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」では、カオルの父はダメおやじとなる。
見栄っ張りで夢見がちで、日本では脚本家として自立できず、藁をもすがる思いでアメリカに渡る。
しかし、やっぱりそこでもどうしようもない暮らしをしている。
しかし、家族には見栄を張り、成功しているが如く振舞う。

カオルはそんな父を嘘つきとして毛嫌いする。
婚約者の父は自分の父と考えた真也は、カオルの父を自分の家に連れて帰り、再渡米の日まで滞在させる。
しかし、カオルの父の手紙に触れた時、そこに秘められた事情が真也の心に流れ込んでくる。
それは、外からは伺い知れない事情・・・

同じ設定から似たようでいて、それでいて異なる二つの物語を紡ぎだすところは、さすが作家なのだと思う。
どちらが好きかと問われれば、まったく好みの問題であるが、個人的には「Parallel」の方がちょっと切なくていいなという気がする。

どちらも20年という親子の断絶の後に、少し明るい陽が射しこんできたようなところがある。
長い冬のあと、ようやく迎えた暖かい陽ざしを歓迎するジョージ・ハリスンの詞にピッタリと嵌る内容だとわかる。

有川浩の本はこれが3冊目であるが、どれもハズレがない。
そういう意味で、まだ読んでいない本にも手を出してみたいと思うところである。

    
posted by HH at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323402330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

パラレルな2つのお話
Excerpt: 小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」を読みました。 著者は 有川 浩 2つの中編 この2つが連作とも違く、パラレルで繋がっているという! 主人公の設定と冒頭部分が決まっている中での 言ってしまえば企画..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-03-29 11:25