2013年06月30日

【マスカレード・ホテル】東野圭吾



東野圭吾の推理小説である。
最近では ガリレオ・シリーズや刑事 加賀恭一郎シリーズに目が行ってしまうが、これはまた別の刑事モノ。

タイトルとは異なるが、舞台となるのは高級ホテル・コルテシア東京。
都内で連続して起こった3つの殺人事件。
そこに残された謎の数字。
警視庁ではその数字に隠された暗号を解読し、次の殺人事件の現場がホテル・コルテシア東京だと推測する。

事件を未然に防ぐべく、警視庁の刑事がホテルマンに扮してホテルに潜入する。
潜入するのは捜査一課の捜査員新田。
ホテルクラークに扮した彼をサポートするのは、ベテランのフロントクラーク山岸尚美。
そして外から新田に協力する品川警察の刑事能勢。

例によって、誰が、なぜ、どんな目的で、と言った読者の興味にお預けをしつつ、物語は進む。
慣れないフロント業務に戸惑いつつ、捜査の駒でしかない事に不満を隠せない新田。
警察に対する協力の必要性はわかるものの、およそホテルのサービスとは程遠い武骨な刑事たちが客の前に立つ事に不安といら立ちを感じつつ、対応する山岸。
そしてなぜか新田に好意的に協力する能勢。

一日に様々な客が訪れるホテル。
時に理不尽な客の振舞いに、見事に対応してみせるホテルマンの仕事振りを紹介しながら、物語は興味深い展開で進む。
いつもの事だが、ページをめくるのがもどかしく思う事、しばしばである。

単純に進むかと思われたストーリーは、途中で二転三転とする。
単なる場つなぎのエピソードだと思っていた事が、あとで犯人に繋がっていく。
こうした鮮やかな展開は相変わらずである。
湯川博士や加賀刑事がでなくとも、これはこれで改めて面白いと思う。

ハズレのない作家として、これからも東野圭吾は読み続けようと思うところである・・・
   
   
posted by HH at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ホテルマンとして!
Excerpt: 小説「マスカレード・ホテル」を読みました。 著者は 東野 圭吾 題名にある通り ホテルを舞台にしたミステリー ホテルマンとホテルマンとして潜入する刑事 バディものの要素もありながらも 楽しく読め..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2013-09-02 22:27