2013年07月31日

【ビジョナリー・カンパニーC 〜自分の意志で偉大になる〜】ジム・コリンズ/モートン・ハンセン



第1章 不確実性の時代に飛躍する
第2章 10X型リーダー
第3章 20マイル行進
第4章 銃撃に続いて大砲発射
第5章 死線を避けるリーダーシップ
第6章 具体的で整然とした一貫レシピ
第7章 運の利益率
エピローグ 自分の意志で偉大になる

「ビジョナリー・カンパニー」シリーズの第4弾である。
前作 「ビジョナリー・カンパニー3〜衰退の5段階」は、その名の通り「衰退」がテーマであったが、本作は再び本流に戻って業績の優れた企業がテーマである。

今回は、『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』『ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則』に加えて、置かれた経営環境の厳しさも指標に加えて事例を厳選しているのが特徴である。
その勝者を著者は「10X型企業」と命名している。

この10X型企業がこの本のキーワード。
10X型企業に備わっている3点セットが、「狂信的規律」(徹底した行動の一貫性)、「実証的創造力」(実証的基盤を築き大胆で創造的に行動する)、「建設的パラノイア」(良い時でも悪い時でもガードを崩さない)。
南極探検隊アムンゼンとスコットとの比較を交え、わかりやすく解説されている。

10X型企業は、「20マイル行進」という特性を持つ。
「狂信的規律」に該当するもので、何かを一貫して継続的に同じペースで進めるのである。
代表例として挙げられるサウスウェスト航空も、30年続けて黒字を達成するなど、好不況に関わらず、着実に成果を出している。
アムンゼンはどんな天候であっても、工程表に従った移動を確実に行ったという例もわかりやすい。

「実証的創造力」としては、「銃撃に続いて大砲」という喩えで紹介される。
いきなり大砲(大型投資)をぶっ放せば、失敗した時のダメージが大きい。
リスクの低い銃撃を繰り返し、確実性が高まったところで、大砲発射となれば成功の確率は高まる。
大事な事は、十分な銃撃の後に確実に大砲を発射する事。
それなくしては、成果は得られない。

「建設的パラノイア」は、エベレスト登頂を同時に目指しながら、成功と悲劇とに終わったブリーシャーズ隊の例を挙げ、わかりやすく解説される。
この主要手法は、「十分な手元資金(余分な酸素ボンベ)」、「リスクを抑える」、「ズームアウト・ズームイン」とされる。
これによって死線を避けるリーダーシップが発揮される。

ここで対象とされる10X型企業は以下の通り。
アムジェン、バイオメット、インテル、マイクロソフト、プログレッシブ保険、サウスウエスト航空、ストライカー。
これらの企業はみな「具体的で整然とした一貫レシピ=SMaC(Specific Methodical and Consistent)レシピ」を持ち、20マイル行進を続けている。
膨大な調査対象企業の中から選ばれた10X型企業。
なかなか読み応えはあるが、頑張って読む価値は十分にある。
シリーズモノとして、ウォッチしていきたいシリーズである・・・

    
posted by HH at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス/自説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370778263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック