2013年12月17日

【禁断の魔術 ガリレオ8】東野圭吾



第1章 透視す−みとおす
第2章 曲球る−まがる
第3章 念派る−おくる
第4章 猛射つ−うつ

東野圭吾の代表作ガリレオシリーズの第8弾。
登場人物は、主役の湯川学にお馴染みの刑事草薙と内海。
この第8弾は、第7弾同様、4話からなる短編集である。
されどこのガリレオシリーズ、短編集でも実に内容は濃い。

第1章は、透視術が使えるとでも言えるホステスが登場する。
草薙に連れられて湯川はある銀座の店を訪れる。
そこのホステスであるアイは、封筒に入れた名刺の内容を透視するという特技を売り物にしていた。
そしてそのアイが殺される。

アイがなぜ殺されたのか。
犯人と事件の背景。
そしてホステスをしていたアイの事情。
読み進むうちにドラマは濃さを増していく・・・

第2章ではプロ野球選手柳沢の妻が殺される。
プロとしてキャリアの終わりを迎えようとしていた柳沢。
犯人はあっさりと捕まる。
されど湯川が紐解く事件の、というより妻の行動。
ちょっとウルッとするラストが良い。

第3章では双子の姉妹が登場する。
双子同士にテレパシーがあると言われる事があるが、この姉妹もそんな不思議な感覚で通じ合っている。
胸騒ぎを覚えた春菜が、若菜に連絡をしたところ、若菜は何者かに襲われて瀕死の重傷を負っていた。
湯川がこの姉妹間のテレパシーに科学的に挑む。

第4章は、湯川の高校の後輩古芝伸吾が登場する。
湯川の教える帝都大学に入学するも、姉の死を機に大学を辞めてしまう伸吾。
一方フリーライターが殺害される事件が起こり、その背後に大物政治家の影がちらつく。
そしてまたあちこちで、壁に穴があき、バイクが突然炎上しと不思議な事件が続発する。
すべての糸が絡み合い、そして最後に見事に収斂されていく。

単なる推理で犯人を挙げていくというスタイルだけではなく、各章さまざまな変化球が投げ込まれる。
そしてそれぞれ根底に流れる人間ドラマ。
時としてウルウルしてしまう。
そんな温かさが、この本の特徴。

さすが東野圭吾と唸らされる。
これだから、読むのをやめられない。
次回作を待ち焦がれたいと思う・・・


posted by HH at 23:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「禁断の魔術ガリレオ8」東野圭吾
Excerpt: 湯川が殺人を?「自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」。ガリレオシリーズ初の完全書き下ろし。 前作を書き終えた時点で、今後ガリレオの短編を書くことはもうない、ラストを飾..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2014-03-08 14:13