2011年12月31日

【赤い指】東野圭吾



東野圭吾の作品に、もはや欠かせないキャラクターであると言える加賀恭一郎刑事。
その加賀刑事モノの一冊である。

事件の現場となるのは一軒の家。
主は会社員の前原昭夫。
痴呆の母と、妻と、登校拒否の息子と暮らす平凡な家庭。
ところがある日妻からの連絡で急ぎ帰宅してみると、庭に見知らぬ女の子の死体。
中学生の息子が殺したと知って愕然とする。
妻に懇願され、前原昭夫は死体を近所の公園に捨てる。

捜査にあたるのは捜査一課の松宮。
そしてペアに指名されたのは所轄の練馬署の刑事加賀恭一郎。
実は二人は従兄同士である。
一緒に聞きこみに回る二人。
そして二人はやがて前原家にやってくる。

痴呆の母と嫁姑で揉めていた妻。
間にたって苦悩してきた前原昭夫。
そして登校拒否の息子。
一方で、死の床につく加賀の父隆正も登場。
元刑事の隆正は松宮の叔父でもあり、また母子家庭だった松宮にとっては恩人でもある。

事件の捜査というメインストーリーに加えて、加賀親子の物語があり、どこにでもありそうな前原家の物語がある。
メインストーリー意外にも読み甲斐がある。
こうしたサイドストーリーによって、加賀刑事の人物像がまた膨らんでいく事になる。

あらかじめ犯人はわかっているので、犯人を探していく加賀の推理を一緒に楽しむというわけにはいかない。
しかし、一方でどういう結末を用意しているのかという期待感は膨らんでいく。
正直言って、推理的な部分では今一という感じだったが、結末は見事だと思う。

この物語を支えるのは親子関係だ。
前原と痴呆の母。
前原夫婦と息子。
そして加賀親子。
最後はちょっとウルウルさせられてしまった。
こうした親子関係が、この本を単なる刑事ものには終らせずに、物語に厚みをもたらせる。

なかなか深いなぁと思わせられる一冊である。


                     
posted by HH at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

【白銀ジャック】東野圭吾



タイトルから連想できる通り、スキーに関連した物語であり、舞台となるのはスキー場である。
クロス大会も近づき、新月高原スキー場では関係者が十分な積雪に恵まれ安堵していた。
ところがそこに送られてきた脅迫メール。
ゲレンデのどこかに爆弾を埋めたと。
要求に従わなければ、爆弾のスイッチを入れる、と。

場所によっては雪崩へと繋がり、死傷者でもでれば甚大な被害が予想される。
警察に届ければ、安全のため営業を停止させられる。
下手をすれば1シーズン閉鎖という事態も想定され、スキー客が減少している昨今、それはスキー場の存続をも左右する事態となる。
現場スタッフの思いとは別に、経営者は犯人との取引に応じる選択をする。

現場責任者の倉田、パトロールの根津・絵留・桐林、新月高原スキー場の事故で妻を失った入江親子、社長の筧。
見えない犯人からの要求と、緊迫する現金のやり取り。
隣町の町長や、ゲレンデに来た客など登場人物が入り来る中で、事件は進展していく。
そして意外な真相。

ゲレンデを舞台にしたものとしては、 「カッコウの卵は誰のもの」があるが、こちらはスキーやスノーボードでの滑降シーンの描写なども詳しく、なんとなくスピード感溢れる展開という印象を受ける。
それにしても単なる脅迫事件にとどめず、面白いストーリーを考えつくものだと感心させられる。

最後まではっきりしない犯人像をあれこれと推測しながら読むのもまた楽しいところである。
もともとスキーが好きなのか、それともプロの作家らしく詳しくはなくとも書けるのか、あらゆるところを舞台としてしまうところはいつもながらさすがである。
スキーに興味はなくても楽しめる一冊である。


                            
posted by HH at 21:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

【宿命】東野圭吾


          
東野圭吾の初期の作品。
主人公は地元警察署刑事の和倉勇作。
警官の父を持ち、小学校からクラスの人気者でリーダー格。
運動も勉強もトップクラス。
ところが、目の上のたんこぶなのが同級生の瓜生晃彦。
友達もほとんどいない彼は、勉強でもスポーツでも勇作を凌駕し、勇作は何一つ歯が立たない。

そして、瓜生晃彦の妻となる美佐子。
父が突然地元の名門企業UR電産に転職できたところから、「運命の糸」のようなものを感じている。
何か得体の知れない“糸”により、美佐子の家庭は幸運に恵まれ、美佐子自身もUR電産に就職し、役員室秘書に抜擢され、社長子息の瓜生晃彦に見染められる。

冒頭ではレンガ病院とあだ名される病院で遊んだ勇作の思い出と、そこに入院していたサナエという女性の記憶。
そして起こる殺人事件。
UR電産の新社長が殺されるのであるが、瓜生前社長の遺品であるボウガンが凶器であった事から、犯人は関係者であると思われる。
勇作は捜査に加わるとともに、自ら抱えてきた謎の捜査も始める。

さすが東野圭吾作品と言えるのだが、一つの殺人事件を中心に置いているものの、その周りの謎が微妙にブレンドされて、ぐいぐい引き込まれていく。
サナエという過去の記憶の中の女性。
子供の頃から少なからぬ因縁を感じていた瓜生晃彦。
そしてその妻となっていた、かつて愛した女性美佐子。
刑事である父が残した捜査記録。

すべての謎が次第に明らかにされ、勇作・晃彦・美佐子の相関関係も絶妙に展開される。
「宿命」というタイトルが、ラストで強烈なインパクトを放つ。
ただの殺人ミステリーモノではなく、こうしたインパクトが東野圭吾なのだろう。
思わず唸る一作である・・・

posted by HH at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

【放課後】東野圭吾



東野圭吾の初期の作品であり、かつ第31回江戸川乱歩賞受賞作品。
タイトルにある通り、ある女子高を舞台にした連続殺人事件を描いたミステリーである。
ある意味、これも「学園もの」と言えるのだろうか。

主人公は舞台となる精華女子高等学校に勤務する教師前島。
あまり教育熱心とは言えない、それゆえか「マシン」とあだ名される数学の教師。
家に帰れば妻と二人の普通の家庭。
誰からも恨まれそうにもない平凡な教師だが、冒頭いきなり頭上から植木鉢が落ちてくる。
身の危険を感じたのはそれが3度目。
誰かに命を狙われているような気がしている。

そんな中、同僚の教師が誰もいない更衣室で死んでいるのが発見される。
しかもそこは中から心棒がしてあり、完全な密室となっていた。
犯人は内部の者らしい。
突然起こった殺人事件。

前島を二人きりの旅行に誘う高原陽子。
成績優秀な北条雅美。
アーチェリー部の主将杉田恵子。
アバンチュール好きという本性を隠している教師麻生恭子。
次々と登場する人物たち。
この中に犯人はいるのかもしれないし、いないのかもしれない。

あちこちに仕込みのタネを巡らせて物語は進む。
やがて起こる第2の殺人事件。
次第に事件の核心に迫っていく前島。
学園ものらしいストーリー展開にミステリーの要素が加わって、いよいよ事件の全貌が明らかになる。
そして虚を突かれるラスト。
これがなかなか。

やっぱり後々大成する作家らしい作品と言えば言える。
一見なんの変哲もなさそうなさり気ない描写が、あとからきちんとストーリー展開に活かされてくる。
作家がすべて操っているのだから、当然と言えば当然なのだが、やっぱりうまいなぁと感じさせられる。
初期の作品と言われれば、なるほどそんな感じの印象も受ける。
まだまだ読んでいない作品は多いし、暇をみて他のもいろいろ読んでみたいものである・・・


                        
              
posted by HH at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

【卒業】東野圭吾



             

東野圭吾のミステリーである。
東野圭吾の作品の中でもガリレオと並んでよく登場するのが加賀恭一郎刑事。
あまり初期の作品を読んでいなかったから知らなかったのだが、この本は学生時代の加賀恭一郎が登場する。
いずれ 「新参者」に登場するような、「地味だけども優秀な刑事」になる前の、加賀恭一郎の姿は実に興味深い。

高校時代から仲の良い7人の学生たち。
クラブ活動は終わりの時が近づき、就職活動をし、卒論に追われる。
そんな4年生の7人だったが、その中の一人祥子がある日自室で死んでいるのが発見される。
発見したのは沙都子と波香。
自殺だと思われたが、誰かが祥子の部屋にいた事がわかる・・・

そしてその後、高校時代の恩師の家に集まったメンバーが茶会を開く。
雪月花之式というお茶の作法の途中で、突然波香が倒れる。
死因は薬物中毒。
飲んだお茶の中に毒物が入っていたのである。
偶然に左右されるお茶の作法で、犯人はどうやって波香に毒を飲ませたのか。
加賀恭一郎はその方法について考えを巡らせる。

二つの殺人事件に関連性はあるのか。
密室殺人に雪月花之式というお茶の作法を利用した殺人。
一見不可解な謎解きの世界に引き込まれていく。
ミステリー作家というものは、本当にいろいろと考えて読む者を楽しませてくれるものである。

刑事の父の姿を見ていて、教師になろうとする加賀恭一郎。
沙都子への想い。
本筋以外のところでも楽しめる要素はある。
やがて優秀な刑事になっていく加賀恭一郎の原点。
加賀恭一郎ファンならば、これは読んでおかないといけない本だと思う。

     
    
posted by HH at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

【プラチナデータ】東野圭吾



東野圭吾らしいスピード感あるサスペンスである。
主人公は二人。
刑事の浅間玲司と科学警察研究所(科警研)の主任解析員神楽龍平である。
科警研において新たに開発されたDNA捜査システム。
これを使えば犯行現場に残されたDNAから、犯人像を分析して割り出す事が可能となるという画期的なもの。
ある事件ではそれにより瞬時に犯人逮捕につながる。

しかしそんな優れたシステムにも欠点があり、登録しているDNA情報がないとNF(Not Found)となってしまう。
そしてまさにそのNFとなる連続殺人事件が発生する。
ストーリーはそんな連続殺人事件を追う浅間刑事と、やがて大きな謎の渦中で姿を消さざるをえなくなる神楽を追う。

一方で、国民のDNA情報を集めるにあたっての、人々の心理的抵抗とかシステムから生み出されてくるエゴなどが描かれていく。
末端の兵隊は何も知らされず動かされるだけという警察組織の特徴と、それに抗う浅間。
それぞれの思惑を抱えて出てくる登場人物たち。

最後までスリリングに一気に読ませてくれるストーリー展開はさすがと言える。
「プラチナデータ」というタイトルも、ストーリーを読めば実にしっくりとくるものだとわかる。
実に東野圭吾らしい一冊である・・・
      
posted by HH at 00:26| Comment(0) | TrackBack(3) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

【殺人の門】東野圭吾



東野圭吾は好きな作家の一人である。
かなりたくさん作品を読んでいるつもりだが、まだまだ読み残した本はある。
この本もそんな一冊である。

主人公の田島和幸の小学校5年生の頃のエピソードから物語は始まる。
医者の一人息子として生まれ、当然ながらお金持ちの子として恵まれた人生のスタートを切った田島和幸。
しかし、その幸福も長く続かない。
祖母の死をきっかけに、近所に良からぬ噂が流れ、そして静かに田島家は崩壊に向かう。

学校でも友達のいない和幸の唯一の友は倉持修。
どこか大人びていて、豆腐屋の家業を嫌い、楽して金を儲ける事に執着する姿は小学生とは思えない。
そんな二人が、人生の折に触れて互いの人生に絡み合って行く事になる。

田島和幸は密かに人を殺してみたいという衝動を持っている。
そして最初にターゲットとして考えるのも、倉持修である。
幾度となく、彼に抱く殺意。
そしてその都度、その気を失わさせる倉持の人間性。

人生の成長過程で、手に入れては失うささやかな幸福とその都度目の前に現れる倉持修。
「殺人には動機も必要ですが、環境、タイミング、その場の気分、それらが複雑に絡み合って人は人を殺すんです」
「あなたの場合、何らかの引き金が必要なのかもしれませんね。それがないかぎり、殺人者となる門をくぐる事はできないというわけです」
刑事が田島に語る言葉である。

田島は果たしてこの門をくぐるのか。
一人の男の人生を追いながら、このテーマを追求していく。
なかなか読み応えのある一冊である・・・

     
posted by HH at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

【カッコウの卵は誰のもの】東野圭吾

カッコウの卵は誰のもの [単行本] / 東野 圭吾 (著); 光文社 (刊)

    
作家というものは、実にいろいろな物語を生み出すものである。
「ストーリーで読ませる作家」と私が個人的に思っている東野圭吾は、まさにそれを実感させられる作家である。
ミステリーというジャンルでは、この本も同じなのかもしれないが、東野圭吾の代名詞でもある「ガリレオシリーズ」や「加賀刑事もの」とも違う。
「今度はどんな話なのだろう」という期待感を抱かせてくれる。

主人公は元アルペンスキーのオリンピック選手緋田。
娘の風美もまたその跡を継ぎ、アルペン選手としてオリンピックを目指している。
そして優れたスポーツ選手には遺伝的な繋がりがあるとして、研究をすすめる新世開発とその中心人物である柚木。
柚木は、自らの研究の格好のモデルである緋田親子に協力を求めるが、緋田は非協力的。
実は緋田親子には血のつながりがなく、しかもその事実を知っているのは緋田一人。
そこには自殺した妻が残した大きな秘密がある。

同じように遺伝情報からクロスカントリーの選手としてスカウトされた青年
苦しい家庭事情からクロスカントリーをせざるをえず、嫌々ながら練習に励む。
父親の雇用と引き換えに、ミュージシャンに憧れる気持ちを抑えているのである。
二組の親子が新世開発という企業を挟んで描かれていく。
そして「事件」が起こる。

カッコウという鳥は、他の鳥の巣に卵を産みつけそのまま子供を育てさせる。
「托卵」というその習性が登場する二組の親子とかけあわせてタイトルになっている。
なかなかうまいネーミングだと思う。
例によって最後まで謎解きは保留され、ページをめくるスピードがついつい早くなる。
こうしたテーマでさえ、読ませられるところは、やっぱり「ストーリーで読ませる作家」だと思う。

東野圭吾が読んでハズレのない作家である事には変わらないが、相対的に比べたら「中程度」というレベルの作品だというのが正直な感想。
と言ったからと言って、これからも愛読したいと思う作家であることにはまったく変わらない。
次回作を楽しみにしたい・・・


     
posted by HH at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

【新参者】東野圭吾

    
東野圭吾のシリーズによく登場する刑事加賀恭一郎。
その加賀刑事を主人公とした一冊である。

「新参者」というタイトルはちょっと不思議な気がした。
これは練馬署から日本橋署に転勤してきた加賀刑事が、この物語の舞台となっている人形町界隈において、自分は新参者であると語っているところからきている。

その物語はまたちょっと変わった形式を取っている。
全部で9つの章に分かれているのだが、出てくる事件は一つだけ。
小伝馬町で一人暮らしの女性三井峯子が殺される。
捜査にあたるのは警視庁。
そして地元の日本橋署がそれをサポートする。

加賀刑事は地元日本橋署の所轄刑事。
事件の捜査は地味な確認作業が大半を占める。
その“足による捜査”を加賀刑事がこなしていく。
事件の舞台となった小伝馬町のマンションを中心に、近くの聞き込みが行われる。

人形町駅に近い甘酒横丁。
(本当にあるのかどうかは知らない)
煎餅屋、料亭、瀬戸物屋、時計屋、洋菓子屋・・・
読んでいても直接事件に関わる事ではないようなエピソードが続いて行く。
しかし、それらのエピソードはちょっとほろりとさせられるものが多く、事件と何の関わり合いがあるのか疑問に思いつつ読み進めることになる。

捜査の補助方役とも言える所轄の加賀刑事ではあるが、捜査を通じた地元住民との交流は心温まるものである。
殺人事件を追う刑事ドラマという感じはまったくしない。
しかしながら個々のエピソードがすべてブレンドされて、最後に事件の真相が浮かび上がる。
そのストーリー展開は見事と言える。

ガリレオシリーズとはまた違った味わいのある加賀刑事のシリーズが、こんな形で今後も続いて行くとしたらこれは見逃せない。
東野圭吾、ますます目を離せない・・・


新参者

新参者

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 単行本



posted by HH at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

【パラドックス13】東野圭吾



東野圭吾といえば、現実世界を舞台としたミステリーが主流である。
しかし、本作は非現実世界を舞台としたちょっと珍しい作品。
著者名を伏せて読むと伊坂幸太郎かなと思ってしまうかもしれない。

事業仕分で一躍有名になったJAXAから内閣総理大臣に報告が届く。
ブラックホールの影響で、「P−13」現象なるものが起きると予想される。
しかし、その「P−13」現象なるものは、時間が13秒ずれるという事以外詳しい事はわからない。
そうして、その時がやってくる。

主人公は久我誠哉と久我冬樹の二人の異母兄弟。
二人とも刑事であるが、兄は警視庁のキャリアで弟は所轄勤務と差がある。
ある重要犯罪の逮捕現場でその時を迎える。
突然まわりから人々が消えてしまうのである。

誰もいない東京の街。
それでもうろうろする間に、同じ境遇の者たちと出会う。
誠哉と冬樹の兄弟に老夫婦、男3人、女3人そして子供と赤ん坊。
やがてヤクザも合流する。
どうしてこうなったのか、誰にもわからない。
解明しようとしているとやがて起こる天変地異。
異常な状況下でのサバイバルが始まる。

誰もいない東京でのサバイバル。
自然発生的にリーダーシップを発揮するのは誠哉。
徐々に明らかになる生存者たちの素生。
協力があって反目があって恋愛感情があってと、こうしたサバイバル系にはよくあるパターンであるが、どんな結末があるのかとついついページをめくるスピードが速くなる。

自分だったらどうするだろうと思わずにはいられない。
こうした異常な状況下でこそ、その人本来の姿が現れるもの。
自分はしっかりしていたいなとやっぱり思う。
一気に読み終えてしまったが、人間の運命を分けるものってなんだろうと考えた。

沈着冷静であっても自分勝手であっても奉仕精神が高くっても、それが生き残る理由とはならない。
やっぱり運の一言につきるのだろうか。
そんな事を考えさせられた・・・



パラドックス13

パラドックス13

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2009/04/15
  • メディア: ハードカバー



posted by HH at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする